肥満治療が必要な人ってどんな人?

肥満治療が必要な人ってどんな人?

肥満ってどんな人のことを言うんでしょうね…肥満は生活習慣病の始まりとも言われているため、糖尿病、高脂血症、高血圧を招き最悪の場合は心筋梗塞や脳梗塞を引き起こし死に至ることも考えられます。肥満にならないためにも日頃から生活を正しくしましょう。

肥満治療が必要な人とは

日本人の肥満症の増加が深刻になっています。日本人の生活は、近年、食事の嗜好の変化により高脂肪の食事が増え、生活の利便化により運動量は低下してきています。こう言った事が肥満の増加の原因と言われています。最近「メタボリックシンドローム」と言う言葉を耳にする機会が増えました。よく、太っている人に対して「メタボ」と略して気軽に使われる事も多いですが、正確には、腹囲が男性で85センチ、女性で90センチをオーバーしている事、さらにあわせて血清脂質、血圧、血糖の異常を2つ以上かかえている状態の事を言うのです。メタボリックシンドロームの怖い所は、心筋梗塞や、脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させる事にあります。特に中高年の方は、定期的に病院で健康診断を受け、自分の状態を確認し必要な時には肥満治療を行う事が重要です。しかし、特に見た目が太っていない人も注意が必要な場合があります。日本人は民族的にインスリンの分泌能力が低く、肥満になる前に糖尿病にかかっていたり、見た目には肥満しているように見えなくても内臓脂肪が蓄積している場合があるからです。この内臓脂肪が蓄積している状態は上半身型肥満とも呼ばれ、手足は細いのにお腹だけがぽっこりと膨らんでいるのが特徴です。他人からは、あまり太っていると見られない場合も多く、そうなると自分自身も認識が甘くなりがちですが、内臓脂肪が蓄積している状態は特に注意が必要なので肥満治療も視野に入れて、病院でヘルスチェックを受けてみましょう。肥満治療は、肥満症患者の多い海外では一般的な事ですが、最近では日本でも、ずいぶん身近な存在になってきました。健康的な生活を送る為の一つの方法として活用してみるのも良いでしょう。